大阪 メンズエステ 悠杏 ユウアン 爆サイ

大阪 メンズエステ 悠杏 ユウアン 爆サイ

これにて、事件の終焉かと思われたが。
6月22日 〜 翌年1985年昭和60年8月12日までの間に
まず、大阪府高槻市 丸大食品の社長あてに脅迫状が届く。
「グリコと同じ目にあいたくなっかたら、5千万円用意しろ。」
企業に対する、脅迫事件は終了していなかった。
(NHK-S)
次の脅迫相手は、丸大食品だった。
「6月28日の夜に高槻市内の常務宅で、現金を用意して待て。」
当時の、丸大食品の常務の家は高槻駅から少し離れた、山の中でした。
グリコの高槻市に家のある取締役のケースと同じ疑問です。
? 前もって調べていた。
? 犯人グループの中に丸大食品の縁故者がいた。
? 高槻市の常務の家の近くに、犯人グループの一人が住んでいた。
?の縁故者のケースは、グリコにも、丸大食品にも居るというのは少し無理がありそうなので、除外するべきでしょうね。
大事かもしれない、不思議な選択肢が思いつきました。
? グリコの恐喝に失敗し、金が入らなかったから、丸大食品を狙った。
? グリコで成功するしないに関わらず、最初から丸大食品も狙っていた。
? グリコでばれずに、恐喝に成功したが、それを隠すために、始めた。
? のケースは、実際に此の丸大食品事件の経過で、グリコ森永事件の
代名詞、キツネ目の男の大舞台への登場があり、隠すためだけの犯行にしてはその代償が大きすぎると思うのですが。
6月28日 金曜日 最高温度31.4℃ 曇りのち晴れのち曇り(昭和59年 ナビ検索)
(NHK-S)
常務の自宅に、夜8時過ぎ、女の声のテープ再生電話あり。
「えっ、犯人の中に女性もおるの?」
「高槻の西武デパートの三井銀行の南の市バス降り場の観光案内図の裏」

昨日はお昼からレッスンをし、夜は二人でと大阪竹田研究会へいきました。
一昨日は、一日引っ越し準備ですっかりお月見するのを忘れてしまいましたので
帰ってベランダからお月見をしました!
一昨日は中秋の名月。
昨晩ら満月でしたね()
こうやって二人でお月見も今年が最後。
来年から赤ちゃんと三人なんやなぁとつくづく。
(いやもう既に三人なのかなぁ。お腹にいるんですもんね。でもまだお月さま見えてないし)
それにしても。
雲ひとつない美しい月夜!
割りと夜は静かです、ここも。
住めば都。
引っ越ししてもすぐ隣の棟。
すっかり愛着がわきました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました